チャイルドシートの義務について

赤ちゃんが生まれると、そういえばチャイルドシートを準備しなくてはと、あわてて買いに行く人も多いでしょう。
平成12年から、車に乗っている6歳未満の乳幼児は必ず着用しましょう。
と道路交通法という法律で定められています。
乳幼児用にはベビーシート、幼児用にはチャイルドシートと、年齢に応じていろいろなタイプがあります。
兼用で長く使えるものもあるので、実際に商品をみて選んでみてはいかがでしょうか。
新生児の間はおとなしく寝ていてくれるのですが、大きくなるにつれていやがって泣いたりします。
運転中に泣かれてしまうと困りますし、かわいそうなことをしているような気分になって外してあげたくなったりします。
ところがシートベルトだけではゆるみもあり、思いがけない事故が起きた時に子どもの命を守ることはできません。
お母さんが抱っこして乗るという方法も、安全面を考えると避けた方がいいでしょう。
チャイルドシートは子どもの命を守る大切な道具なので、ぜひいろいろな商品を比較検討して、後悔のないように質のいいものを購入しましょう。

社用車、代車にぴったりのレンタカープラン

お庭の美しさを高い技術力で保ちます

1枚1枚こだわりのある絵