チャイルドシートと法律

 自動車を運転時に幼児を載せている場合は、道路交通法の第71条の3で幼児用補助装置の使用が義務付けられています。
ここでいう幼児とは6歳未満の子供を指し、幼児用補助装置とはチャイルドシートの事を指しています。
 但し、構造上チャイルドシートの設置ができない場合や同乗する幼児の数に十分なチャイルドシートを用意できない場合(用意できない分の幼児について)、緊急の場合、負傷や障碍などで使用することが適切でない場合、授乳やオムツ替えなどの世話が必要な場合などは使用義務が免除されます。
 また、自分で運転する場合以外でも、友人などに同乗を勧められた場合には法律上使用が義務付けられます。
 バスやタクシーなどでは不特定多数のお客様を運ぶ必要があり、事前に用意することが困難であることもあって、使用義務は免除されています。
しかし、旅館などの送迎バスや車では使用が義務付けられているので注意が必要です。
 使用義務に違反した場合には、免許取消などの基礎点数が1点付加となりますが、反則金はありません。
 尚、6歳以上の子供であれば法律上の義務はありませんが、身長140cm未満の子供の場合、車の安全設計上の考慮がなされていないので注意が必要です。