法律に従い、チャイルドシートをしっかり着用しましょう

小さな子供を連れて車で何処かお出かけする際、チャイルドシートを車に取り付け子供をきちんと乗せているかと思います。
しかし、何歳まで使用すればいいのか、そして、もし違反になった場合はどうなるのかは御存知でしょうか。
そこで、これらの疑問点を今回は解説していきたいと思います。
チャイルドシートは平成12年4月に道路交通法が改正され、義務付けられました。
法律では6歳未満の子供全員に、車へ乗せる際には着用の義務があります。
ただし、シートベルトは子供の身長140センチ以上を対象に作られていますので、6歳を超えても140センチ未満であれば、安全の為着用を継続していきましょう。
チャイルドシートを着用しなかった場合は、違反点数1点が加算されます。
罰金はこの時派生しません。
ちょっとそこまでのお出かけだからと言って、着用せずにいますと大変危険ですので、万が一を備えて着用して下さい。
子供の命は大人にかかっています。
しっかりルールを守り、楽しくお子さんと日々の生活をされていって下さい。